これまで書道をやってきて、中国の書の歴史に触れる機会が少なからずありました。臨書を本格的に始めてからまだ半年ちょっとですが、高校の授業や、昇段試験の時など、事あるごとに顔を見せてきた名作たち。今さらですが、もうちょっと知りたいなと思い、「マンガ 書の歴史」という本を購入♪「書の歴史」はシリーズものですが、こちらの本は「書の歴史のはじまり」と、書の歴史を知るなら絶対に外せない「王義之や顔真卿」が出てくる1作目です!とても良い本でしたので、詳しくご紹介します(*^▽^*)

書道の歴史を学びたい人には最適!書道の試験対策や学生にもおススメ

こちらの本、最初に記しておきますと、タイトルに「マンガ」と書かれていますが、以前紹介した「とめはねっ!」のようながっつりしたマンガではなく、文章+マンガ(マンガは3割程度)でかかれた本です。それから、全く書について知らない方や興味の無い方、「王義之って誰?」というくらいの方には少し難しいです(;´∀`)

本に付いていた帯(*^^*)

私はこれまでちょこちょこ書の歴史に触れる機会があったので、ほんの少し知識はありました(ほんの少しですがw)。独立した”点”だった知識が、この本によって”線”でつながった感じです☆それから作品の写真が載っているのでイメージやしやすく、中国の歴史背景も学ぶことができる本だと思います。今はあまり書の歴史に詳しくなくても、これから色々学んでいきたいなという人は読む価値はあります高校や大学で臨書を学び始めた学生や、書道の筆記試験や昇段試験対策にもおススメ。マンガが含まれていても子ども向けの本では無いので、「親が子に勧める本(マンガ)」では無いです(;´∀`)

第一章から第四章まで245ページ 扱っているのは書に大きな変化が起こった殷~唐の時代

内容は4つに分かれて書かれています。最後までスピード感をもって読める内容と構成です☆

●第一章「漢字の書法」
甲骨文字や金文について。孔子の時代、秦始皇帝時代。石刻文字、竹簡や木簡に書かれた文字などの当時の字姿など。

文章は歴史の教科書みたいです(笑)。でも図やマンガがあるので読みやすい♪

●第二章「書聖登場」
王義之について。初唐の三大家である欧陽詢、虞世南、褚遂良。その出てきた他の書家や作品も。

王義之の幼少期、性格やエピソードが面白く描かれています♪
欧陽詢って…お顔はちょっと不細工だったようです(^▽^;) ※古本で買ったので、ペンで線が引かれてた…泣

●第三章「北朝書法の盛衰」
仏教の伝来と普及。龍門石窟、墓誌銘や写経体など。

写真が実に分かりやすい!どういうところで名作が生まれたのかイメージできます♪

●第四章「顔真卿とその周辺」

顔真卿の人物像、書法、交友、時代背景。

顔真卿の争座位稿。これ、激しい怒りのこもった抗議文の手紙だったんですね~(;゚Д゚)

私は巻末にあった書の歴史年表を見ながら読み進めていました。おそらく臨書をやる前なら「ふーん」とさらっと読み進めていただろう箇所も、今は「あっ!この作品知ってる」「え、これってこういう意味があったの?」と興味深く読めたのでとても楽しかった!登場人物や作品や歴史がたーくさん出てきますが、よくこんな1冊にまとめられたなぁとしみじみ感心してしまいました☆

上段は中国の書の歴史、下段は日本の歴史。こう見ると、中国の歴史って凄いなぁ~!

このシリーズ、これ以降の歴史バージョンや、日本の書の歴史の本も出ているので、今度はそれも買ってみようかなぁ( *´艸`)書の歴史に興味がある方、是非読んでみてほしい一冊です!
◎↓こちらです~◎